image02

賃し事務所の選び方で有効な検索方法を考えてみませんか

img

賃し事務所の選び方で有効な検索方法を考えてみませんか。希望の立地や賃借料、坪当たり単価、広さ、築年数など様々な切り口で検索可能になっているのがこれからの物件探しです。まずは、御社がなによりも優先する条件から検索をしてみましょう。この時に、条件設定を少しゆるめに探すと、予想以上の良い事務所を見つけられることがしばしば見受けられます。例を挙げると、賃料の金額をほんの少し高めに検索する方法です。そこから1つづつ希望の条件を追加していくと希望の事務所が見つかるでしょう。

事務所を決める前に、建物の耐震性を調べておきましょう。この先災害が起こった時に備えて、高度な耐震性が必要不可欠です。耐震性能についての基準法は今までに数回改定が実施されており、いつの改定の建築基準法に基づいて建てられたか見ておくことが重要です。近年、地震に関する一般的な意識が敏感になっていますから、どんな業者でも耐震強度が高いという切り口で物件の紹介も行っています。命の安全は何を差し置いても優先されるべきですので、妥協のない事務所を探すようにしましょう。

事務所を移転する際の諸経費の詳細について検討してみましょう。どの規模の事務所に移転するとしても、まず掛かる費用と必ずしもそうではないコストがあることを知っていますか?ほぼ必ず支払うことになるコストとは、敷金や礼金、仲介費用など、契約を結んだら賃料のおよそ数月分を先に支払うものです。そしてもう一つ、必ずしも生じない経費としては、内装の工事費用や機器類など、ビルの改装に必要な諸経費があります。これについては、コストを割り振って全面的に手を加えるのか、既存のレイアウトを使って費用削減するのかはバジェット次第となるのです。

事務所をお探しなら、とにかく築浅の事務所がおすすめできます。築浅の事務所は、防災設備やセキュリティシステムの面で最新式の装置が採用されていますし、共有部分の装置も新しい機能がついてとても使いやすくなっています。社員にとって仕事しやすいことは当たり前ですが、取引先にとっても快適で先進的な印象を残すことが可能なのです。建物のイメージというのは多少なりとも会社のイメージを左右してしまうためです。賃借料はやはり少し高くなりますが、成長途上の企業が入居していることが多く、刺激のある場所にできるでしょう。