image02

何個もの貸し事務所を比較する選び方の場合には

img

何個もの貸し事務所を比較する選び方の場合には、絶対にエリアを重視することが一番です。エリアに重きを置く訳はいくつかありますが、殆どの人は地価や評判を気にします。おそらく、地価はそのまま家賃に反映されるでしょうから、必要な点と言えますし、大人気のエリアであれば事務書類に住所を載せるのも気分が良いと思います。けれど、さらに気を配って頂きたいポイントが、そのエリアにどれくらいの顧客がいるのか、ということではないでしょうか。さらに、買い手が来やすいように電車の乗り継ぎなどが容易かどうかも重要な点です。

事務所選びで忘れがちなのが、セキュリティレベルについてです。事業所であれば深夜など無人になる時間帯が誰にでも見て分かるため、空き巣被害に遭いやすいと言えるからです。その上、これから肝心のクライアントとのやりとりや有価証券など大切なものが保管されるわけですから、万が一のことがあったら会社の名前に傷が残り、事務所復旧のためのお金の面でのダメージも大きいでしょう。第一にセキュリティシステムを導入しているビルか、または後付で設置しても良いかを確認しましょう。

事務所を使っていて初めての更新を迎えるときの注意点を見ておきましょう。そのまま継続して利用をしたいなら、事前に自動更新なのか、契約更新の申請が必須なのか調べておきましょう。更新の時には多くの場合、その月の賃借料とは別個に更新料や手数料が発生します。物件により異なるのですが、およそ2ヶ月分の賃料の額であることが殆どです。それと、契約を更新する時には次回の更新までの間の賃貸料の金額変更がオーナーに認められているので、賃料が変わっていないかチェックしておくのが重要です。

事務所選びで極めて注目すべきはその立地と言っても良いです。新事務所で事業展開をする場合、まずクライアントを集めることが最重要課題ですよね。ですので、沢山の人の視線を集め、交通の利便性に長けた立地の場合、新規顧客を一層引き込めるというわけです。しかも、事務所の住所や地名によって、会社の持つ印象も変えることができます。ですから、HPからお客様を集めたいケースに効果的です。無理な負担にならない賃借料でできる限り良い条件の立地を探しましょう。