image02

貸し事務所を比較する場合

img

貸し事務所を比較する場合、ポイントの選び方も大事で、環境を念頭に入れておかないといけないでしょう。環境とは、広さや間取りという部屋の中は言うまでもなく、通勤の足、銀行が近所にあるか、食堂はいくつかあるかといったことなど、ビル周辺にも関わってくるのです。環境は従業員が抱きやすい不満のひとつで、これによって雇用期間が短期になるので、採用業務だけに関わらざるをえないスタッフも発生してしまうことになり、人件費や事務処理の費用が高額になる、などという悪循環になるのです。

貸倉庫検索しませんか!ビルバンクで!
http://www.builbank-r.com/

事務所を探す時は、そのビルの耐震性を確認しておくようにしましょう。いつか地震が起こる事態に備えて、しっかりした耐震性が要求されています。耐震基準を定める法規制は従来数回改正されているため、いつの改正の建築基準法に準じているのかチェックすることが重要です。近頃は震災対策に対するアンテナ感度が高まっていますから、殆どの賃貸業者で耐震性が高いという点を重視して賃貸物件の紹介を実施しています。防災は何を差し置いても重視すべきであるので、妥協のない事務所を選ぶようにして下さい。

事務所の契約の時にチェックする点を整理してみました。意外と見落としがちなのが、入居する事務所を決めたら、まずはじめに会社概要を開示し、自分の事業について審査が行われるという点でしょう。無事に信用調査をパスしたら、次は契約手続きへと移るのですが、事務所の賃貸契約を結んだら契約に関する費用を払うことになります。敷金・礼金・仲介費用など家賃の大体数カ月分にあたる金額が通常必要な費用です。また、ビルの大家によっては内装や外装の工事業者が特定の業者に限定されているケースもあるため注意しましょう。

事務所を移転する場合の諸経費の詳細について考えてみませんか?どのような事務所に移転するにしても、絶対に生じる経費とそれ以外の経費があるのをご存知ですか。ほぼ必ず支払うことになる費用とは、敷金や保証金、仲介費用など、契約をしたら賃貸料のおよそ数月分を最初に支払う費用です。そしてもう一つ、必ずしも生じるわけではない経費としては、内装の工事費用やオフィス機器など、事務所設備に関する諸経費があります。これについては、経費を割り振って大幅に工事をするか、既存の建物を活用して費用カットを目指すのかは予算次第で決められます。