image02

賃し事務所の選び方は価格から探してみましょう

img

賃し事務所の選び方は価格から探してみましょう。賃貸事務所の家賃は何年にも渡り、比較的大きなコストが出るため、価格面から物件選びするやり方が無理の無い経営ができます。多数の物件検索サイトでは、ひと月あたりの家賃での検索も可能ですし、広さ、坪単価での検索も可能なのです。坪単価を見ると、そのエリア内で妥当な金額なのか検討ができることから参考にできる情報と言えます。それ以外の注意すべき点は賃借料には管理費が含まれるのか見ておいたほうが良いでしょう。

事務所を選ぶなら、断然築浅の賃貸物件にすべきでしょう。築浅の事務所は、地震対策やセキュリティを考慮すると最新の装置が起用されていますし、エレベータなどの設備も高機能で大変使いやすいです。作業者にとって仕事しやすいことは当然のこととして、ゲストにとっても便利で他社より進んだ印象をインプットすることが可能なのです。建物全体のイメージは知らず知らずの内に企業のイメージに影響を与えてしまうからです。賃料はやや高くなってしまいますが、成長度の高い会社が入っていることが多いので、活気あふれる場所となるはずです。

事務所を利用している会社が更新時期をする時の気をつける点をまとめてみましょう。もしも引き続いて利用を希望するなら、予め自動的に契約更新されるか、契約更新の申請が必要なのかをチェックしておきましょう。更新の時には大抵、その月の賃料とは別個に更新料や手数料を払います。物件により異なるのですが、およそ2ヶ月分の家賃の額である契約が一般的です。また、契約更新の際には次回の更新までの間の賃借料の金額変更がオーナーに認められているので、賃料が変わっていないか押さえておくことが大事です。

事務所を借りて事業展開するなら、貸し会議室も活用するとコストダウンできます。事務所にミーティングルームがあったらいつでも便利に使えますが、使用しない時間も結構長いですよね。そのために賃料を支払うのももったいないでしょう。そんな時は、貸し会議室を併用するのがコストダウンにつながるでしょう。貸し会議室には一般的に会議や仕事に必要とされるOA機器やネット回線が完備されており、その上1時間単位で、事務所より断然低コストでレンタルできるのです。必要な時にだけ貸し会議室を併用すれば非常に効果のあるコストダウンができるのです。