image02

貸し事務所の比較の場合

img

貸し事務所の比較の場合、選び方の項目に建物の構造も含まれてくるものではないでしょうか?代表的なものでは、天井の高さが挙げられます。最初は構造など見向きもしないで、下見を行っていた人も、いくつかを比べていくうちに、物件によって同様の空間なのに、小さく感じられる事務所と、広々と感じられるところがあることに勘付かれると思います。これはフロアの広さではなく、床から天井までの距離のためです。建築物の構造は、居心地の良い職場環境に結びつくと言えます。

事務所の特長は、内装を使いやすく変更が可能という点です。内装費用は掛かる一方、事業のコンセプトや御社の業務形態を元にして内装を作ることが可能なのです。一方、居抜き事務所でそのまま使えそうな内装の事務所を選べば、内装工事無しに事務所として使えるのです。こうすると高額な工事自体が省略されるため、大変な費用削減になります。その他にも、賃借料は割高ですが、短期のみの使用ならレンタルスペースでしのぐという方法もお得でしょう。

事務所を探す時に忘れがちなのが、セキュリティの問題です。事務所というのは深夜など人がいなくなる時間が外からすぐに分かるため、空き巣被害に遭いやすいと考えられるからです。それに、これから肝心のクライアントの情報やPC機器など大切なものが保管されるわけですから、もしもの事態が起こってしまうと取引先からの信用に関わり、復旧のための金銭的なダメージも大きいでしょう。まずは安全なセキュリティの設置されたビルか、もしくは自己負担で導入できるかを確認しましょう。

事務所で使用するオフィス家具を格安でお探しですか?事務所を引っ越すなら、費用は一円でも安く抑えたいですよね。貸事務所にはオフィス家具がセットになった物件も最近増えていますし、リース商品を使うアイデア、また、リサイクル品や卸価格のオフィス家具を買うという考え方もあります。このやり方にすれば、移転後運営していく中で使い勝手や事業拡大によって家具の配置を変更したい時も金銭的な負担が小さくて抑えられるでしょう。中でもリースは不要な家具の売却等の負担がなく、とても利便性が高いです。